企業をサポートするタクトシステムズ|どの産業でも支援ができる

すぐに問題点が見つかる

システム

企業が開発したツールやアプリケーションは、製造してそのまま顧客へと販売することはできません。テストツールを用いての動作テストを行ない、その結果を分析し改善とさらなる改良を加える必要があるのです。開発とテスト、結果分析によるフィードバックを行なう一連の流れをAPMといいますが、企業によってはこのAPMが不十分に感じる場合もあるでしょう。何度分析してもボトルネック部分が検出できない場合や、フィードバックまでに時間が掛かり過ぎてしまい、納期に間に合わせられないなど、企業にとっては大きな問題となります。タクトシステムズが提供するAPMソリューションであれば、こうした問題を効果的に解消することができるのです。正確な分析と迅速なフィードバック機能により、アプリケーションの販売もスムーズに行なうことができるのです。

アプリケーションのボトルネック部分に気づきにくい原因として、システムのブラックボックスまでチェックができない点が挙げられます。分析ツールはブラックボックスまで分析することはできないので、問題点をいくら対処してもシステムに不具合が見られるのなら、ブラックボックス部に問題点が隠れていることが考えられます。タクトシステムズのAPMソリューションならば、通常の分析ツールでは解析できない場所まで全て分析してくれるため、隠れていたボトルネックもすぐに見つかります。また、タクトシステムズのAPMソリューションはたったの数十秒で問題の箇所を解析してくれます。短時間で正確なボトルネックの洗い出しが可能となるため、APMの業務による負担を大きく削減することができます。タクトシステムズにこのシステムを導入してもらう場合、コンピューターへの負荷が掛かるのではと懸念する人もいるでしょう。しかし、実際導入しても負荷率は二パーセント以下となっているので、問題なく依頼することができるのです。